スパロボOGアニメ2巻の感想

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION(2) Limited Edition


※ちょっと辛口評価。



バンダイビジュアル(株)

■メーカー希望価格 7,140 円
■発売日 2005/08/26 発売

品番 BCBA-2162

バンプレストオリジナルのゲーム「スーパーロボット大戦OG」(GBA用ソフト)がOVAで登場!

【1話収録】
■第2話「ヒトという部品(パーツ)」
かつてEOTI機関・DCに所属しバルトールを開発した人物・ドクターユルゲン。彼によって対異星人用のネットワークシステム「ODEシステム」も開発され、戦後、ウォン重工業にもたらされた。
ODEシステムは最小限の人員で多数の無人機を制御するためのものであったが、現状のものは生体コアとして人間を必要とし、部品として使うために多くの人間がバルトールに拉致された。
その時、大阪の連邦大学がバルトールによって襲撃されているとの連絡が入る。至急大阪へと向かうハガネ。
ATX・SRX両チームが出撃し、バルトールと交戦。
しかしバルトールはODEシステムによって、これまでの戦闘データを他の機体に転送・共有しているため以前と同じパターンの攻撃が通用しない。しかも捕獲した人間の数が増えるほど知識・経験の量が増し手強くなっていく。
災いを元から断つためウォン重工業の製造工場がある大連へと向かうキョウスケ達ATXチームだったが・・・。

監督 : 川越淳
出演者 : 森川智之、 水谷優子、 杉田智和、 置鮎龍太郎、 冬馬由美、 三木眞一郎
キャラクターデザイン : 田中良
メカニックデザイイン : 才木康寛

映像特典 : SPECIAL DISC
-収録内容-
・キャラ・メカ設定集2
・ノンクレジットED2
・ミュージッククリップ(ED2フルコーラスVer.)
・キャストインタビュー2 他

その他特典 : 彩色済アクションフィギュア「サイバスター」(初回封入特典)
<原型開発協力:ボークス/造形村>全高:約95mm

制作国 : 日本
カラー : カラー
画面サイズ : ビスタ
ディスクタイプ : 片面1層
アスペクト比 : スクイーズ


スパロボ大戦のアニメDVDが届いたので、さっそく鑑賞する。

今回の初回限定のオマケフィギュア(サイバスター)は微妙。
足首についている装甲は固定されていないのでブラブラするし(最初不良品かと思った)、後ろ腰に付くパーツも締め付けが緩いので、すぐ取れる。
それ以外は、オマケにしては出来がいいと言う程度。
ヴァイスリッターの完成度が高かったから期待はしていたんだけど…ちょっと残念。

肝心のアニメの出来も相変わらずクオリティが低い。
戦艦(移動シーン)や敵ロボットのバルトールはCGなので、動き(だけ)はいいのだが、ATXチームやSRXチームのロボットたちはデッサンが少しおかしかったりで興ざめする。

今回のストーリーは…1話ので出てきた謎を説明する部分と、3話に繋げるための説明的な部分が多いため、戦闘シーンとかは1話に比べると少ない。
今回からサイバスターも出てくるが、あんまり見せ場が無い。

逆に、前回目立たなかったSRXチームは見せ場が多い。
R1の「リュウセイらしい武器の使用方法」とかは、ゲームでも追加して欲しいと思うほど面白かった。

しかし、今回の目玉だと思われるSRXの合体シーンもコマを飛ばしすぎて何だかよく分からない。
こう言ってはなんだが、新スーパーロボット大戦のSRX合体シーンのムービーのほうがよくできていると思った。

あと、SRXの凄さを見せる演出もなっちゃいない。これなら、「トップをねらえ」や「イデオン」の方がまだ迫力がある。

エクセレンの無意味な場面での胸揺れとか、そんなの入れなくていいから、せめて、メカの部分はすべてCGで作ってもらいたいものである。
(とは言え、創聖のアクエリオンみたいに、CGを習い始めた素人が作ったようなCGムービーを流されても困るが)

すべては3話で盛り上げようとするための演出だと思うが、こんな感じでダラダラ続くのなら観なくてもいいような気もするが、いちおう最後まで付き合おうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパロボ大戦のアニメ(2)

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION(2)  Limited Edition

※ネタの神との会話アリ

-----
○スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION(2) Limited Edition

販売価格:7140円 (税込)
発売日:2005年08月26日
販売元:バンダイビジュアル株式会社

バンプレストオリジナルの大ヒットゲーム「スーパーロボット大戦OG」(GBA用ソフト)がOVA化!!
主役はATXチーム!!もちろんSRXチームも登場!
キョウスケやエクセレン、リュウセイやライなどが大人気ロボットを駆り大暴れ!

【初回封入特典】
★彩色済アクションフィギュア「サイバスター」
<原型開発協力:ボークス/造形村>全高:約95mm
★SPECIAL DISC
・ノンクレジットED2フルコーラスVer.
・ミュージッククリップ(ED2フルコーラスVer.)
・キャラ・メカ設定集2
・キャストインタビュー2 他

【内容/ストーリー】
■第2話「ヒトという部品(パーツ)」

かつてEOTI機関・DCに所属しバルトールを開発した人物・ドクターユルゲン。
彼によって対異星人用のネットワークシステム「ODEシステム」も開発され、戦後、ウォン重工業にもたらされた。
ODEシステムは最小限の人員で多数の無人機を制御するためのものであったが、現状のものは生体コアとして人間を必要とし、部品として使うために多くの人間がバルトールに拉致された。
その時、大阪の連邦大学がバルトールによって襲撃されているとの連絡が入る。
至急大阪へと向かうハガネ。
ATX・SRX両チームが出撃し、バルトールと交戦。しかしバルトールはODEシステムによって、これまでの戦闘データを他の機体に転送・共有しているため以前と同じパターンの攻撃が通用しない。
しかも捕獲した人間の数が増えるほど知識・経験の量が増し手強くなっていく。
災いを元から断つためウォン重工業の製造工場がある大連へと向かうキョウスケ達ATXチームだったが…。

監督:川越淳/出演:森川智之/出演:水谷優子/出演:杉田智和/出演:三木眞一郎/出演:置鮎龍太郎/出演:冬馬由美/キャラクターデザイン:田中良/メカニックデザイン:才木康寛

ディスク仕様:片面1層/カラー/ビスタ/スクイーズ
-----
1巻を観た感想は、アニメのクオリティはひとまず置いておいて、内容が、どう見ても「スーパーロボット大戦」とは思えない点が気になった。

ORIGINAL GENERATIONだし
と言われたらそれまでだけど、マジンガーZやゲッターロボの出ない「スーパーロボット大戦」は「スーパーロボット大戦」にあらず…これはもう「バンプレストオリジナルロボット大戦」としか言い様が無い。

グルンガストやゲシュペンストはスーパーロボットじゃん
と言われればそれまでだけど…スーパーロボットの代名詞と言えばやはり、マジンガーZやゲッターロボでしょう…。

まあ、とりあえず、キョウスケの冷静沈着っぽいが、実は熱い性格と、エクセレンの普段はふざけているが、実はすごく冷静な性格が、アニメでも、上手く生かされているのでよしとしよう(笑)

1巻は、アニメそのものより、ヴァイスリッターのフィギュア欲しさに買ったので、2巻はどうしようかと思っていたが、結局、サイバスターのフィギュア欲しさに、予約してしまった訳だが…どうなることやら。

==== 以降:ネタの神との会話 ====
ネタ神
「いいんぢゃない?全巻買ったら?」
シリカ
「前触れも無く降臨してきて、メッサ投げやりですね」
ネタ神
「だって、エロビデオぢゃないならワシには関係無いもーん」
シリカ
「…あんた、本当にネタの神様?そこら辺に転がっているスケベジジィじゃなくて?」
ネタ神
「わしは、正真正銘のネタの神様ぢゃ、ほれ、名刺ぢゃ」
シリカ
「…ただ単にチラシの裏にわしは、正真正銘のネタの神様ぢゃと書いてあるだけじゃないですか…もういいです、テレビでも見ていて大人しくしていてください」
ネタ神
「何か萌える番組やってないかのう…」
シリカ
…根本の性格を変えるしかないなぁ…前にマンガで見た脳に高圧電流を流して記憶を全てデリートしてから、新しい記憶を書き換えるってのを試してみるか…( ..)Фメモメモ
ネタ神
「ところでのうバカ弟子…って、何を書いているのぢゃ?」
シリカ
「ただの生物研究リポートです…で、何ですか?」
ネタ神
「うむ、頼んであったエロビデオは買ったのかの?」
シリカ
「…んなもん頼まれていないし、購入リストに入ってませんから買ってませんよ…って、勝手にヨドバシドットコムで注文しないでください!」(ネタの神様の腰にミドルキックが炸裂)
ネタ神
ビバッブ!…殴ったね、親父にも殴られたこと無いのに!」
シリカ
「いや…蹴ったんですけど…まあ、あんまりバカなことをするなら、帰ってもらいますよ?」(シリカは”強制滅神装置・初号機”を取り出した)
ネタ神
「…仕方が無いのう…でわ、DQ8を起動して、ゼシカたんのエロいアングルのスクリーンショットを撮ろうかのう」
シリカ
「…DQ8にはスクリーンショット機能は無いですよ?」
ネタ神
「そこら辺に転がっておるPCに接続して、キャプチャーをすればよかろう…ほれ、さっさと接続せんかい!」
シリカ
「…余計な知識だけはあるんだよなぁ…このボケ老人わ…」
ネタ神
「…誰がボケ老人かの?」
シリカ
そんなこと言ってませんよ(こういう感の良さも感服する)

ネタ神
「ところで、ゼシカたんぢゃがの、装備を外したのぢゃが、何故か服を着ているのぢゃ…バグかのう?」
シリカ
「そう言う仕様なんですよ…ちなみに、スカートの中を覗こうとしても無駄ですよ、描かれていませんからね」
ネタ神
「…では、この裸の画像はどうやったのぢゃ?」(ネタの神はゼシカの裸の画像を取り出した)
シリカ
「…見りゃ分かるでしょ、コラージュです。要するにネタですよネタ…って、ネタの神様なのに見抜けないのですか?…つーか、どっからこんなの探してきたんだか…」
ネタ神
「し、知っとったわい!お前を試しただけぢゃ!」
シリカ
「ふーん?」
ネタ神
「とにかく!ゼシカたんを脱がす何か裏技はないんかのう?」
シリカ
「あるわけないでしょ…」
ネタ神
「そこを何とか!」
シリカ
「いや、お願いされても…あ、じゃあ、2chで仕入れた技を試してみます?」
ネタ神
「どうするのぢゃ?」
シリカ
「まず、神様自身が全裸になり、両手で大根を持ち振りかざしながらハッスルダンスを踊ってください。成功すれば、ゼシカもつられて真似をするらしいです」
ネタ神
「あ、それ!ハッスル、ハッスル」

シリカ
「…何で、ネタだと気づかないかなぁ…ん?なんだこりゃ…ああ、さっきの名刺として渡されたチラシか…何のチラシだろう」
ネタ神
「ハッスル、ハッスル、ハッスル」

シリカ
「…使えるなぁ…これ…電話電話っと…あ、もしもし?雑学要塞研究所ですか?御宅で研究中の古い記録を全て消して、新しい記録を上書きする実験…そうです…それをある生物に試して欲しいんですが…」
ネタ神
「ハッスル、ハッスル、ハッスル、ハッスル」

シリカ
すみません、騒がしくて…え?生物にはまだ試していないからダメ?そこを何とか…ええ、いい実験材料があるんです…はい…あ?取りにきてくれますか、助かるなぁ…はい…お願いします
ネタ神
「ハッスル、ハッスル、ハッスル、ハッスル、ハッス…うあ、なんぢゃきさまら、離せー!
シリカ
さようなら、僕のサンドロック

---------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (2)