« ローグギャラクシー始めました | トップページ | 第3のビール3.8円増税 »

『Xbox 360』と「不気味の谷」現象

リアル過ぎる『Xbox 360』用ゲームと「不気味の谷」現象
コンピュータニュース

・hotwired(http://hotwired.goo.ne.jp)より抜粋
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20051212201.html
--------------------------------------------------------------------------
『Xbox 360』の一部の最新ゲームのCGキャラには、なぜか死人のような気味悪さがつきまとう。
これは日本の研究者、森政弘博士が『不気味の谷』と名づけた現象で、CGで作った人物のリアルさを追求し過ぎると不気味な感じになるというもの。
皮膚や目の「生きた感じ」を出すのが格段に難しく、現実に近づけようという試みがかえって違和感を生んでしまうらしいこの現象について考察する。

『Xbox 360』用の最新ゲーム『キング・コング』をデザインした人にはまったく脱帽してしまう。心底恐ろしい「モンスター」を作り出したからだ。
怪しげな熱帯の洞窟から突如として現れ、死人のような眼で私を睨みつけたとき、私はもう見つめ返すことすらできなかった。

「モンスター」とは、もちろん、ナオミ・ワッツのこと。

本物のナオミ・ワッツではない。ご本人は心臓が止まりそうになるほど愛くるしい。
私が話しているのは、ゲームの中で遭遇するCGのナオミ・ワッツのことだ。

ナオミ・ワッツのアバターは、ある意味で、見事なレプリカだ。この女優に欠かせない長いブロンドの髪もちゃんと再現されているし、情感たっぷりの声は本人が吹き込んだものだ。
ただし、顔を見ると何かがおかしいことに気づく。アニメ映画『コープス・ブライド』の死体の花嫁に見つめられているような気になるのだ。
(続きはリンク先にて参照のこと)
--------------------------------------------------------------------------
※不気味の谷
ロボットコンテストの提唱者として知られる森政弘・東工大名誉教授(77)が1970年、雑誌に「不気味の谷」と題する論文で発表した。

工業用ロボットより、おもちゃの人型ロボットの方が、親しみやすい。ところが、それ以上人間に似ると、「動く死体」を見たかのように気味悪く感じる。
そこを通り越して、本物と見分けがつかなくなれば、気味悪さは感じようがない。
つまり、人間にある程度似た姿と、見分けがつかなくなるまでの間に、親和感が大きく落ち込む「不気味な谷」がある。
(朝日新聞)

※ナオミ・ワッツ 関連リンク
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=ps&id=46681
http://www.ne.jp/asahi/jutomo/love/movie/actor/nwatts.html
http://www.fmstar.com/movie/n/n0022.html
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CA%A5%AA%A5%DF%A1%A6%A5%EF%A5%C3%A5%C4
--------------------------------------------------------------------------
コメント
確かに、昔に、「ヴァーチャルアイドル 伊達杏子」ってのを初めて見た時に「うわ、気持ち悪い」と思った事がある。もし、このポリゴンの塊に表情とかがあったら更に不気味だったろうな。

その後も、リアルCGによる人型のポリゴンの塊が産みだされて、「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」などのフルCGの映像まで作られるようになった。
それでも、意図的なのか単なる技術の限界なのか不明だが、やはり何処となくニセモノ感があり、不気味と言うよりも、単なるCG作品して観れている。
しかし、今後は、映像もゲームもハイビジョン対応(Xbox 360はハイビジョン対応)になっていき、ますますリアルになっていき、実写と区別がつかなくなってきそうだなぁ。
CGだけではなく、ロボットも人間そっくりな造型が開発され、映画「アンドリューNDR114」や「AI」みたいな世界になるかもしれない。

そうなったら、今のお子様たちはどのようにとらえて行くのだろうか?

「ボクの将来の夢は、HITOMI Ver5.56と結婚する事だな」
「俺は、来年リリースされるNAOMI D-CUP Ver.がいいなぁ」
「えへん、ボクはパパにお願いして、NAOMI F-CUP 特別限定仕様を買って貰う約束をしているんだ」
「うわーいいなぁ!」

とか、会話する子供達がでてきたり…。

……………………………………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………………………………………………
…………………………………………………………………何かヤダなぁ。

|

« ローグギャラクシー始めました | トップページ | 第3のビール3.8円増税 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121071/7601205

この記事へのトラックバック一覧です: 『Xbox 360』と「不気味の谷」現象:

» 『Xbox 360』と「不気味の谷」現象 [雑学要塞研究所J IN Yahoo!ブログ]
= リアル過ぎる『Xbox 360』用ゲームと「不気味の谷」現象 = コンピュータニュース ・hotwired([http://hotwired.goo.ne.jp])より抜粋 http://hotwired.goo.ne.jp/news/20051212201.html ----- 『Xbox 360』の一部の最新ゲームのCGキャラには、なぜか死人のような気味悪さがつきまとう。 これは日本の研究者、森政弘博士が『不気味の谷』と名づけた現象で、CGで作った人物のリアルさを追..... [続きを読む]

受信: 2005年12月13日 (火) 18時26分

« ローグギャラクシー始めました | トップページ | 第3のビール3.8円増税 »