« 痛恨仕様 | トップページ | ルナ -ジェネ死す- »

JUMP SUPER STARS

※今更だけど…。

JUMP SUPER STARS


発売日  :2005年8月8日 発売中
対応機種 :ニンテンドーDS
ジャンル :アクションゲーム…なのかな?



・個人的総合評価(重要度:萌え>>>越えられない壁>バカっぽさ>面白み>>価格>>>システム>スト-リー)
萌え:
 週間少年ジャンプキャラ出演。ジャンプキャラ好きなら「萌え」

バカっぽさ:
 ボーボボやONE-PIECEなどのキャラが出ている時点で、バカっぽさ度UP。

面白み:
 コマを集めていって、バトルデッキを構築して行く点や、各キャラ操作して遊べる点。

システム:
 戦闘自体は単調だが、選べるキャラが多いので、飽きは来ない。

スト-リー:
 シナリオってのが存在しないんでは無いんだろうか?(笑)

価格:
 この内容でこの値段はお手ごろ。ジャンプ好きなら買うべし。

知名度:
 週間少年ジャンプ

付加価値:
 予約特典に何があったか不明。

販売価格:
 発売日からだいぶ経っていたので、希望小売価格から20%OFF

お勧め度:☆☆☆☆


発売されてからしばらくは品切れ状態が続いていたのだが、売っていたのでついでに購入した。

大昔にジャンプキャラが出演するゲーム「ファミコンジャンプ」なるものがあったが、これは全くの別物(笑)

ゲーム内容はいたってシンプルで、各エリアに課された課題をクリアして行くと言うもの。
マンガのコマの入手は、エリアに設定された入手条件を満たす事で、新しいコマが入手できる。
最初の方は、コマデッキが充実していないので、サンプルデッキを使用することになるが、コマが集まるにつれて、オリジナルのデッキを組むことが出来る。
新しいコマをゲットするのも楽しいが、キャラコマとセリフコマを組み合わせて、新しいコマを作るのも、このゲームの楽しみとも言えるだろう。

各作品のキャラが原作通りの技を使うのはもちろん、他の作品のキャラとも合体技などを使ったりするのも魅力の1つ。
技の発動はボタンでもできるが、DSのタッチパネルに表示されている、マンガのコマをタイミングよく押すことで連携技なども出来る。
マンガのコマは、強力なものになるとコマ数が増え、置ける場所も限られてくるので、上手くコマを配置して無駄なく使えるように置くためのパズル要素も含まれている。

デッキの構築は子供向けだからか、そんなに難しいものでは無い。
まあ、こだわるのなら徹底的にやる必要はあるが、こだわらないなら適当に組んでも、全く問題は無い。

肝心の戦闘だが、長すぎず、短すぎない、適度な時間で構成されている。
まあ、コマ入手条件を満たすまで、何度か同じエリアをやり直すことにはなるが、そんなに苦労では無い。

ゲームに関係無いが、ゲーム内の解説キャラ(デフォルトはジャンプパイレーツ)を各作品のサブキャラから選択できるのは、原作のファンには嬉しい機能だろう。

不満点を強いてあげるとすると、ボタン配置をカスタマイズで出来るようにして欲しかった。
まあ、慣れの問題だと思うが、Aボタンでジャンプ、Bボタンで攻撃ってのは、やりにくいのである。


「ルナ -ジェネシス ー」と同時に息抜き程度に購入したゲームだが、なかなかどうして、やり始めると時間を忘れるほど楽しめた。
現在では、ルナよりもこっちの方がプレイ時間が多い(笑)

|

« 痛恨仕様 | トップページ | ルナ -ジェネ死す- »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121071/5696096

この記事へのトラックバック一覧です: JUMP SUPER STARS:

« 痛恨仕様 | トップページ | ルナ -ジェネ死す- »