« JUMP SUPER STARS | トップページ | ルナ -ジェネシス-その後 »

ルナ -ジェネ死す-

※タイトルは誤字ではなくわざと。
このゲームを面白いと思っている人は、ここで読むのを止めてください。

ルナ -ジェネシス-


○個人的総合評価
(重要度:萌え>>>越えられない壁>バカっぽさ>面白み>>価格>>>システム>スト-リー)
萌え:
 キャラの見た目だけなら「萌え」、ただ、ゲーム内で上手く生かされていない気がするので「萎え」

バカっぽさ:
 正当派(?)RPGなので、おバカな部分は無い。

面白み:
 …無いなぁ…。

システム:
 戦闘システムが最悪。

スト-リー:
 いちおうルナっぽい。

価格:
 この内容でこの値段は高い。買うなら中古かワゴンセールを狙うべし。

知名度:
 名作「ルナ」の続編

付加価値:
 予約特典は画面クリーナーだったが、予約してまで別に欲しいとは思わない
 まあ、買ったら普通に付いてきたくらい余ってたわけだが。

期待値:
 ルナシリーズの最新作、ルナの正統な3作目(魔法学園ってなんだ?状態)

販売価格:
 希望小売価格から10%OFF

お勧め度:☆


ルナ - ジェネシス -
発売日:2005年8月25日 発売中
希望小売価格:税込5,040円
対応機種:ニンテンドーDS
ジャンル:ロールプレイング

↓『ルナ -ジェネシス-』のホームページはこちら
http://www.mmv-i.net/game/ds/lunar/index.html

RPG(RPGはバンダイの登録商標です)史上に燦然と輝く「ルナ」シリーズ。ファン待望のシリーズ第3作が満を持してDSに登場!
RPGとしては王道の内容でありながら、他RPGでは決して真似のできない「ルナ」の持つ独特の雰囲気はシリーズファンは勿論、初めてと言う方にもおすすめの作品。
キャラクター監修&イラストレーションはシリーズを通じてキャラクターを手がけてきた窪岡俊之氏が今作も担当!DS初の本格RPGを堪能しよう!!

今作の舞台は第一作「Silver Star」の1000年前のストーリー。
2画面にふさわしい新しいカードバトルシステム。
パーティのキャラクターにあわせた最適なカードを組んでいくというシステム。


まあ、ルナシリーズの最新作と言うことで、買ってみたのだが…。

結論から言うと、「このゲームは、ダメゲー認定をゲットしました」

※ダメゲー(私的造語)
ダメゲーとは、クソゲー、バカゲーなど見た目も内容も全体的にダメだが、どこか笑える部分があり、救い様があるゲームに対して、見た目や内容が全体的にまとまっているが、救い様が無い部分あり、全体をダメにしているゲームの事を指す。

○ダメゲー認定の理由。

ストーリー展開にやや無理がある。

RPGとしては王道の内容でありながら、他RPGでは決して真似のできない「ルナ」の持つ独特の雰囲気

確かにこの言葉はウソではないが、一言で言うと「ルナのファンが作った同人ソフト」って感じにしか見えない。

序盤のネタバレになってしまうが、本格RPG(お使いRPGとも言う)らしく、最初は、主人公たちの設定通り「運び屋の仕事」依頼から始まる。
配達の途中、荷物を奪われて、それを取り返しに行く。ここも、お使いRPGとしては無理の無い展開。
しかし、この後が問題。

荷物を取り返した後、村長に「お前は○○の街に行くのだろう?いや行かねばならん」と言われただけで、何故か主人公が「○○の街に行かないといけないんだ」と決意する。

…いや、それは、さすがに無理があるだろう。

まあ、「所詮お使いRPGだから」と言っちゃえばそれまでだが…。

しかし、このゲームを台無しにしているのがバトル仕様にある。

バトル仕様が鬱陶しい
※鬱陶しいを「まがまがしい」と読まないように(笑)

2画面にふさわしい新しいカードバトルシステム。パーティのキャラクターにあわせた最適なカードを組んでいくというシステム

この記事が書かれた後に仕様変更したのか、ただ単にコロシアム(通信対戦専用)を見間違えたのか分からないが、実際は、カードはお助けアイテムとして扱われていて、通常は「たたかう」「とくぎ(魔法)」「どうぐ」のコマンド選択からなる、オーソドックスバトル。

まあ、ここまでは問題ないのだが、このゲームの特徴として、戦闘モードに「敬虔モード」と「通常モード」がある。
敬虔モードでは、戦闘に勝つと「アルテナコンダクト」というものを入手でき、通常モードではアイテムが入手できる。

よく分からないって?…まあ、簡単に言うと。

敬虔モード:
 経験値は入手できるがアイテムは一切入手できない。
 敵を倒すと、そのエリアからシンボルが消える。
 エリア内の敵を時間内に全滅させると宝箱の鍵が開く。
 消えた敵はダンジョンから出ると再配置される。

通常モード:
 アイテムは入手できるが経験値は一切入手できない。
 敵を倒しても、そのエリア内で復活するので何度も倒すことが出来る。
 時間制限はない。

と、いっけん新しい試みに見えるが、これが曲者。

このゲームは、敵を倒してもお金は一切入手できない。
お金を稼ぐには、敵から入手したアイテムを売るか、仕事(クエスト)をこなして報酬を貰うわけだが…。

まず、何にしても必要なアイテムを集めるには敵をぶち倒すしかない。
アイテムは、通常モードでしか入手できないから、経験値無しの戦闘をアイテムが揃うまで戦いつづけるしかない。
敬虔モードで倒さないと、経験値も入手できないし、そのエリアに用意された専用の宝箱も開けられない。
しかも、敬虔モードで敵を倒すとダンジョンを入りなおさないと復活しないため、アイテムが欲しい場合は、攻略済みのダンジョンを、再度歩き回る必要がある。

2度手間で、マジ鬱陶しいです(笑)

さらに、敵の中にはアイテムを盗むのもいる、盗まれたアイテムは盗んだ相手を倒しても戻ってこない。
盗まれたアイテムを取り戻すため、経験値無しの戦闘を繰り返すことになる。

嫌がらせ以外何でもない(笑)

じゃあ、盗む敵を最初に倒しちゃえばいいじゃん?

このゲームのバトル方式は、マニュアルモードがあるのに、敵の個別指定ができないのである。
つまり、速攻で倒して欲しいと思う敵が出てきても、指定できないので、別の敵を相手にしている間に盗まれる場合もある。

「グランディアシリーズ」や「従来のルナシリーズ」みたいに、戦闘が面白ければまだ続ける気力はあるのだが、このゲームのバトル仕様では単調で退屈でしかない。

とまあ、画面とかキャラデザは「ルナっぽい」のだが、戦闘がダメすぎるのでダメゲー認定にしたと言う訳。
個人的に期待してだけに、こんな結果に終わってしまった事を遺憾に思う。









しかし…マーベラスインタラクティブってこんなゲームばっかりだな…。
このゲーム、一応GAの名前は出ているのだが、製作に全く関わってないだろな(笑)

|

« JUMP SUPER STARS | トップページ | ルナ -ジェネシス-その後 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121071/5697496

この記事へのトラックバック一覧です: ルナ -ジェネ死す- :

« JUMP SUPER STARS | トップページ | ルナ -ジェネシス-その後 »